人気ブログランキング | 話題のタグを見る
     色物の漆器は台所にお引越し_e0365880_21251337.jpg

黒の椀具の整理を終えると、今度は菓子椀と什器の整理です。

上は、菓子椀です。
昔はお菓子を入れていたそうですが、今は煮物を入れるのです。
高台の直径がとても大きいのがこの菓子椀の特徴です。



下は什器ですが、高台の大きさがずいぶん小さいでしょ?
高台は、本体と蓋の両方とも同じ大きさのようです。


     色物の漆器は台所にお引越し_e0365880_21250101.jpg




     色物の漆器は台所にお引越し_e0365880_21185320.jpg


色物の漆器は、100年経っても、状態はけっこう綺麗です。
一応、こんなにして蔵に整理しました。

     色物の漆器は台所にお引越し_e0365880_21254121.jpg





でもでも、蔵に置いておくと、使わない!!
こんなに綺麗な魅力のある器を、蔵にず~っと寝かせておくのは可哀想!!

家にあれば使うでしょう。


     色物の漆器は台所にお引越し_e0365880_21251337.jpg





とはいっても、我が家の台所の食器棚には、多少は漆器を置いています。
オーブンの上の棚に漆器が並んでます。

ず~と気にはなっていました。
オーブンの熱が上がって、漆器をダメにするのを。


     色物の漆器は台所にお引越し_e0365880_21172837.jpg




     色物の漆器は台所にお引越し_e0365880_21170908.jpg




この緑の菓子椀、見事に割れてます。
漆器は乾燥したところより、湿気のある所の方がいい状態を保ってくれるのです。

昔ヨーロッパに渡った漆器は、
湿度が高いので長い時を経てもいい状態を保っていると聞きました。


     色物の漆器は台所にお引越し_e0365880_21182979.jpg




そこで、蔵の色物の漆器をほぼ引っ越しさせて、
引き出しに入れることと相成りました。

そのためには、断捨離をしなくては収納できません。
日常使っていたお椀は思い切って撤去!!

     色物の漆器は台所にお引越し_e0365880_21181272.jpg





洗って綺麗にして、引き出しに収納です。
     色物の漆器は台所にお引越し_e0365880_21134743.jpg


漆は、
黒、赤、茶、緑、といろいろあるでしょう。
緑は珍しいでしょ?



これから、模様をお見せします。


     色物の漆器は台所にお引越し_e0365880_22155357.jpg
どれもこれも好きだけど、左の赤と金のも大好きです。




     色物の漆器は台所にお引越し_e0365880_22132151.jpg



これはアヤメでしょう。
     色物の漆器は台所にお引越し_e0365880_22122707.jpg


空には、蝶が飛んでます。
     色物の漆器は台所にお引越し_e0365880_22213514.jpg




     色物の漆器は台所にお引越し_e0365880_22090077.jpg



これにも蝶が~~~
     色物の漆器は台所にお引越し_e0365880_22091611.jpg




     色物の漆器は台所にお引越し_e0365880_22113872.jpg




     色物の漆器は台所にお引越し_e0365880_22114893.jpg




     色物の漆器は台所にお引越し_e0365880_22133678.jpg




     色物の漆器は台所にお引越し_e0365880_22242130.jpg



これには、カモが飛んでますよ。

     色物の漆器は台所にお引越し_e0365880_22124025.jpg


とまあこんな感じで、心が癒されます。
黒い漆器はもうさよならとなりましたが、
この色物は何度眺めても楽しいです。



     色物の漆器は台所にお引越し_e0365880_22185962.jpg

流し台にも収納しました。
断捨離をして、空間が空いていたのでした。






     色物の漆器は台所にお引越し_e0365880_22185099.jpg
こちらは食器棚の引き出しです。
パッと取り出せるように。

今朝がたベッドの中で思いつきました。
今度の日曜日は、一人暮らしの100歳の母の誕生祝を我が家でするのです。
これらが、テーブルに並ぶ、、
これらで、食事を頂いたら、、、



いいタイミングで、蔵整理をして本当に良かった。

いい器は、蔵の中で眠るのではなくて、
暮らしを生かしてくれる。


蔵の中の器も100年、
母も100歳、

祝紀壽

紀は1世紀のことです。
私の名前は、紀子。



      蔵のお椀の整理_e0365880_21260004.jpg


いい陽気が続いていましたが、今日は朝から雨だったので、蔵でお椀の整理をしました。

これらは、明治の終わりに手に入れたお椀具です。
どうやら全部で40人前もあるようです。

      蔵のお椀の整理_e0365880_21262017.jpg

これは黒の漆器なので、きっとお葬式の時に使われたものでしょう。

4種類ありました。
その昔、ガスもお湯も出ない時代に、
一般家庭でよく40人分も料理が用意できましたこと。


      蔵のお椀の整理_e0365880_21260916.jpg



脚つきのお膳は大小2善がセットとなり、お椀の数だけ残ってます。




      蔵のお椀の整理_e0365880_21263028.jpg


椀具のしまい方は、一人分の8枚を重ねて袋に入れてありました。


      蔵のお椀の整理_e0365880_21424253.jpg


その袋が、ネズミに食われたり、変色したり、、


      蔵のお椀の整理_e0365880_21425005.jpg


左は、トンボ学生服のタオルで作られてました。
元々は、呉服店を約100年していました。


      蔵のお椀の整理_e0365880_21425710.jpg


何枚も汚くて捨ててしまったので、
今朝は、風呂敷で袋を作りました。
風呂敷も最近は使うことがないので、こうして利用できるとなるとホッとします。


      蔵のお椀の整理_e0365880_21264148.jpg

唐草模様ですよ。
大きな風呂敷だったので、14枚も袋ができました。


      蔵のお椀の整理_e0365880_21283227.jpg



漆器は、ネズミに食われたり、ひびが入っているものは思い切って捨てました。

汚いから、洗って綺麗にすればいいのでしょうが、それはとてもできますまい!!

昔はお湯で洗って、絹で二度も拭き上げたとか、、


      蔵のお椀の整理_e0365880_21274386.jpg


捨てながら整理していくと、40人分から34人分のお椀具となりました。

      蔵のお椀の整理_e0365880_21272532.jpg


でも、袋が足りないのでこれからまだ作らなければなりませぬ。
そして一応箱に入れて、棚に置けば、整理した気分になります。

これらの漆器は50年の間一度も使われていないと思います。
てことはこれからも決して使うことはないでしょう。

コロナ禍で、人が集まることが減り、
暮らしが変わってきています。

これからは、この箱を誰も開けることが無いと思います。


先祖の方が大切に使ってきたものを、
見届けて、整理してあげた、、、

それで私は気持ちが楽になりました。



     Spring has come!!_e0365880_20532391.jpg

ようやく我が家に、

Spring has come!!

町の花、コブシが満開になりました。
そして、スイセンも咲きはじめ。。


     Spring has come!!_e0365880_20533157.jpg


向こうの広場の桜も咲き始めました。

     Spring has come!!_e0365880_20534095.jpg



水仙は、15年植えっぱなし。

1000本前後毎年咲きますよ。


     Spring has come!!_e0365880_20534645.jpg




     Spring has come!!_e0365880_20535320.jpg



オベリスク、
白と、淡い空色に塗りました。
     Spring has come!!_e0365880_20540303.jpg




     Spring has come!!_e0365880_20594232.jpg






     Spring has come!!_e0365880_20541042.jpg

桜も咲きました。


     Spring has come!!_e0365880_20542115.jpg

割れた壺から、流れ出してますよ。
種蒔きしたビオラです。


     Spring has come!!_e0365880_20554856.jpg




ここ、
ハーブガーデンから、シルバーガーデンに生まれ変わりました。
といっても、さて、どうなるのか??

     Spring has come!!_e0365880_20543499.jpg



ここは薔薇のコーナーですが、
苦手な薔薇、
咲いてくれるかしら??

     Spring has come!!_e0365880_20545292.jpg


こちらでは、コロナワクチンの接種の予約ができました。
ファイザー製で、インターネット予約で、4月末にすることとなりました。

5月に2回目をして、、、
そうすると、今までじっとしていた私ですが、
民泊に向かってgo!!







     オベリスク_e0365880_21513157.jpg

どうしてもオベリスクが欲しくなり、、
netで探しても思うようなのがない、

ある人のブログで簡単オベリスクを見つけました。

有り合わせの木で、作りましたよ。


     オベリスク_e0365880_21515492.jpg


普通、トップにはウッドの球がついているようですが、
我が家には無し、自分で削るのも大変!

そこでこの石灰像を見つけて、つけてみました。


     オベリスク_e0365880_21521336.jpg
いいんじゃな~い。。

まだ作る予定だから、お飾りを探さなくては。
花瓶でも、鉢でも、人形でも、、、

なんだか楽しくなってきました。






春告げ花は、姫~

今、名前を急に忘れてしまいました。
これは銅葉で庭のアクセントになって非常によろしい。

思いだしました。
<ヒメリュウキンカ>でした。

     オベリスク_e0365880_21525504.jpg




ア~テイチョークに似たカルドン、
葉っぱがぐんぐん大きくなってます。

背高のっぽに育って欲しいです。

     オベリスク_e0365880_21545375.jpg





     オベリスク_e0365880_21531299.jpg

まだまだ寂しいお庭です。
でも草はどんどん、びっくりするくらいに増えてます。

将来は、樹木と芝生のお庭!!
芝生と草は同じ緑色、

その時には草は気にしないで、森に居る気分になればいいなと。


      お片付け2_e0365880_20132301.jpg


蔵の二階が多少綺麗になりました。

照明を変えたので、天井もよく見えるようになりました。
そしてカメラの設定もわからぬままごそごそしていたら、
落ち着いた色になりました。


      お片付け2_e0365880_20030632.jpg


梁がよく見えるようになりました。
梁が見えるってことは、ここは2階ですよ。

この蔵は2間×3間で12畳の広さとなります。

      お片付け2_e0365880_20034317.jpg

よく見れば、

棟梁
橋本芳五郎

と書いてあるじゃないですか?
すごい、すごい!!

じゃあ、裏手に回ってみようかしら?


      お片付け2_e0365880_20032512.jpg



ななんと、、
      お片付け2_e0365880_20035319.jpg


明治四拾二年
と書いてあるじゃありませんか?
あとは、どう書いてあるのかよくわかりませぬ。

またよく見てみましょう。

明治の終わりに建てられていると思っていたら、
ま、ほぼほぼですね。


      お片付け2_e0365880_20040492.jpg

壁が漆喰だったら、柱が浮き上がって綺麗だろうに、、、
残念です。

いつか、いつか、塗らなくては。
近々息子家族が来るので、聞いてみなくては。

彼らは、子供部屋を漆喰壁に自分たちでしたので、
いい手法を教えてくれるかもしれません。


      お片付け2_e0365880_20052364.jpg





ここから1階です。

2階に上がる階段箪笥です。
そんなに立派なものではありませんが。

このスペースもゴチャゴチャだったので、
整理して箪笥が見えるように
してみました。

ここには、祭り道具などを入れてみました。

      お片付け2_e0365880_20053534.jpg

階段板は薄くて、登るのに少々怖いので、
そのうち分厚くしなくては。

そして、土足で歩いていたので、棚の上も汚くなっています。
そこでこれからは、スリッパにすることにしました。




      お片付け2_e0365880_20054786.jpg

これは布団箪笥です。
箪笥の中には、ごちゃごちゃ置いてあった扇風機や薬剤散布機などを入れて、
すっきりさせました。


      お片付け2_e0365880_20055583.jpg

出てきたゴミは、ゴミ袋に入れるためにいろいろ処理が必要です。
旅行かばんは、金属部分を外して、、
これが大変で、時間もエネルギーも!!

向こうのガラスの人形ケースは、
シートを敷いて、ガラスを割りながら木枠を外しましょう。

      お片付け2_e0365880_20060483.jpg


この薬瓶、
これはきれ~いに洗って、
イヴェントをする時には販売できればいいかなと。

雨が続いているので、庭仕事より当分蔵掃除です。

少しずつ綺麗になっていくと、愛着が湧いてきて
利用できるものは家の中に持って入って、
古いものが日の目を見られるようにしていきたいと思ってます。