人気ブログランキング |

<   2020年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

      写真がいっぱい!!_e0365880_21135837.jpg


わが庭は、お花より葉物が多くて、地味なお庭と言えます。

薔薇を多少は咲かせたいのだけど、苦手で、、、
というより、勉強をする気がないのです。

でも、教室があったら行ってみたいです。
田舎だから、無理ですけどね。




ナニワイバラの次は、ポールセザンヌが咲きました。
まだほんの一輪ですけど。


      写真がいっぱい!!_e0365880_21222429.jpg






地味な庭だから、ところどころvividに赤色をもってきます。


      写真がいっぱい!!_e0365880_21142189.jpg




ジキタリスは、畑にあったものを持ってきました。
こぼれ種で、あちこちちょっとずつ咲きます。
ここは寒い地なので、畑にはジキタリスがよく咲いているのです。
それからフランスギクもね。

      写真がいっぱい!!_e0365880_21142979.jpg





家のそばに、こぼれ種で見事に咲きました。

手前はバーバスカム。
これもこぼれ種。

右の箱は、ホース入れです。


      写真がいっぱい!!_e0365880_21420279.jpg





vividね。

      写真がいっぱい!!_e0365880_21144394.jpg





銅葉は、リシマキア ファイアーセンセイションです。

これもアクセントになっていいですね。
でもだいぶ伸びたから切ろうかしら?

      写真がいっぱい!!_e0365880_21150208.jpg



白はレースフラワーです。

      写真がいっぱい!!_e0365880_21151467.jpg




      写真がいっぱい!!_e0365880_21152813.jpg







手前の背高のっぽは、エゾクガイソウです。
4年前に北海道の上野ファームで、魅せられて。
netですぐ手に入れました。


      写真がいっぱい!!_e0365880_21154083.jpg





夏は、つぼからジュースでも流れるように、
ナスタチュームで表現します。

      写真がいっぱい!!_e0365880_21155037.jpg




      写真がいっぱい!!_e0365880_21162264.jpg





ビバーナムが、白の絨毯を作ってくれました。

      写真がいっぱい!!_e0365880_21163277.jpg





ボ―ダーガーデンです。
空色は、キャットミントジュニアウォーカー。
これはカットすると、秋まで咲いてくれます。


シルバーリーフはラムズイアー。
これは、移植を時々しないと絶えてしまうことがわかりました。
去年、ここに気持ちを込めて移植したら元気になり、
蘇ってきました。

      写真がいっぱい!!_e0365880_21164404.jpg





お花を咲かせるのが苦手なノラだから、
ボーダーガーデンには、カラーリーフを多く取り入れました。

      写真がいっぱい!!_e0365880_21165362.jpg




      写真がいっぱい!!_e0365880_21170190.jpg




      写真がいっぱい!!_e0365880_21171011.jpg




      写真がいっぱい!!_e0365880_21172036.jpg




カラーリーフと言えば、ギボウシが大好きなのです。

特に大きな葉が興味あるので、4~5種類大きいのを植えてます。
真ん中のは、
ノーザンエクスポージャー
葉は30cmくらいまでなるのです。
大きくなるのを見越してゆったり植えてます。


      写真がいっぱい!!_e0365880_21473878.jpg




      写真がいっぱい!!_e0365880_21495593.jpg


これは アースエンジェル
これも大きくなる予定。


秋には、葉長が50cmくらいになる苗を買おうかなと。

直径がぐんと大きくなるから。
手入れも少なくなるし、
そして夢がぐんと大きくなるし。


フェンス、柵_e0365880_21335111.jpg
今日も朝からイノシシが何度も入って来ました。
だから、庭に通じるところにはフェンスを。

ついでに、エクステリアのハーレーを飾りました。
あ~~重かった。



フェンス、柵_e0365880_21340862.jpg




日本庭園に通じるところにも置きフェンスを。


フェンス、柵_e0365880_21343157.jpg





このフェンスは昨日作ったのでした。
家にある材料で、簡単に作れました。
四ツ目垣は、主人が作ってくれましたよ。

フェンス、柵_e0365880_21344391.jpg


それから、裏にもフェンスを置いて侵入を阻止しました。

ところが、どうもいけない、どこからかしら庭に侵入してくるのでした。
ご近所さんちもみんな困っているとのこと。
午後からは、役場の方が檻を持ってきてくださいました。

可愛そうだけど捕まればいいのにね。


   え、え~~_e0365880_23230085.jpg

朝、家事を終えて庭に出る、なんだか気になり降り向く。
んぎゃ~ ぎゃあ~あ うわ~

なんとイノシシがウッドデッキのそばに突っ立って。
ちっとも動かない、小石を投げると少々動く。
犬をふたまわり大きくさせたくらい、
でもあばら骨も見える。

今度はほうきを持って追いかける。
門から逃げていくように、遠くから追いかける。
声を上げながら、私がね。



   え、え~~_e0365880_23231341.jpg


ようやく出ていき、門に柵を置いた。
あ~びっくりした。
こんなに大声で叫んだこと、初めて。


   え、え~~_e0365880_23234887.jpg



午後に、また庭を歩くイノシシを見つけた。
んぎゃあ~~ ぎゃあ~
戻って来た主人が、柵を開けたままにしていたのだ。

主人が今度は追い出した。
やはり門から。


   え、え~~_e0365880_23241664.jpg


この2~3か月庭のあちこちを掘り返していたのは、
アナグマじゃなくて、イノシシだったのか?

アナグマは、円錐形の穴を開けていたが、
ここ当分はごちゃごちゃとした土さばきだったのだ。

他所の畑では、ブルドーザーが掘り返したかの様なひどい荒らし様だが、
我が庭では、優しく掘り返してくれていた。

見た感じ、弱っているようなので、
きっと長くはないかも知れないね。

可哀想だけど、我が庭は守らないといけないわね。




      今夜は写真のみ_e0365880_22410367.jpg


今夜は、只ご覧くださいね。



      今夜は写真のみ_e0365880_22413604.jpg




      今夜は写真のみ_e0365880_22415406.jpg




      今夜は写真のみ_e0365880_22421885.jpg




      今夜は写真のみ_e0365880_22423643.jpg




      今夜は写真のみ_e0365880_22424692.jpg




      今夜は写真のみ_e0365880_22430849.jpg




      今夜は写真のみ_e0365880_22433603.jpg




      今夜は写真のみ_e0365880_22431950.jpg




      今夜は写真のみ_e0365880_22435839.jpg




      今夜は写真のみ_e0365880_22441603.jpg




      今夜は写真のみ_e0365880_22443996.jpg




      今夜は写真のみ_e0365880_22444912.jpg




      今夜は写真のみ_e0365880_22450598.jpg




      今夜は写真のみ_e0365880_22452377.jpg




      今夜は写真のみ_e0365880_22453725.jpg




      今夜は写真のみ_e0365880_22464273.jpg




      今夜は写真のみ_e0365880_22465398.jpg



      今夜は写真のみ_e0365880_22472097.jpg


ありがとうございました。
お休みなさい。



     手水鉢_e0365880_20005088.jpg

手水鉢周りを夫婦でリニューアルしました。

たくさんのオカメザサで埋もれていたので、それを撤去して綺麗にしました。



     手水鉢_e0365880_20000665.jpg

オカメザサ、あちこちにはびこって、踏み石をはぐれば、
網のように地下茎がはっているのです。

基礎にそって、何本もの地下茎もあるし、、

でも何とか撤去出来てほっとしました。





     手水鉢_e0365880_20003156.jpg



でも完全には取れていないので、
これからは、新芽が出たらすぐに抜き取る、
1年に何度もすると、そのうち消えていくそうなのです。

子供達に迷惑をかけないように手入れを続けなくてはいけません。




     手水鉢_e0365880_20005088.jpg





苗は買わずに、あるものを植えました。


     手水鉢_e0365880_20011494.jpg

水道のメータもあります。
もう少し大きなすのこをそのうち掛けます。





     手水鉢_e0365880_20012889.jpg

出来上がれば嬉しくて、何度も見に行ってます。

後は、四ツ目垣を作らなきゃ。






マムシソウです。

でもおしゃれですね。

     手水鉢_e0365880_20015530.jpg




     手水鉢_e0365880_20021047.jpg

種まきのルピナスが、ようやくここまで。






     手水鉢_e0365880_20022644.jpg



こぼれていたミルクを、今度はオレンジのジュースに変えました。
これはナスタチュームですよ。

さ~て、いつ頃流れるかしら?


       赤ずきんの森_e0365880_21421970.jpg

何度も同じ様な画像ですが、
<赤ずきんの森>にフランスギクがいっぱい咲きました。


       赤ずきんの森_e0365880_21423038.jpg



フランスギクは、畑から持ってきたのです。
宿根草ですが、こぼれ種でもよく増えて、
こんな優しい景色を作ってくれます。

       赤ずきんの森_e0365880_21424279.jpg




       赤ずきんの森_e0365880_21425419.jpg




       赤ずきんの森_e0365880_21431588.jpg




       赤ずきんの森_e0365880_21432506.jpg




       赤ずきんの森_e0365880_21434562.jpg




       赤ずきんの森_e0365880_21435788.jpg




フランスギクが終わったら、今度は空色のボルドーギクが咲くのでした。
これも畑から持ってきたのです。
そういえば、どちらもフランスからやって来たの??


でもこの花はそのうち無くなってしまいました。
これは10年近く前の写真かしら?
針葉樹が小さいでしょ?

       赤ずきんの森_e0365880_21533268.jpg


この景色は好きなんだけど、もう見ることは無くなってしまいました。




      たいしたお花じゃありませんが、_e0365880_21244867.jpg


クレマチス、ブルーライトがたくさん咲きました。
大きなお花、15cmくらいあります。

3年目でよく咲いてくれました。

      たいしたお花じゃありませんが、_e0365880_21250343.jpg






種からのオダマキ

      たいしたお花じゃありませんが、_e0365880_21253968.jpg




      たいしたお花じゃありませんが、_e0365880_21261775.jpg





兵庫県の三田の方からいただいた、ピンクと白のリクニス、
2年目で充実した株になりました。

      たいしたお花じゃありませんが、_e0365880_21263004.jpg



これまた大きなケシ、
      たいしたお花じゃありませんが、_e0365880_21265974.jpg





もう17年前、スペインでアマポーラの野原。

このケシはもっと華奢な可愛いのですよ。
あの頃、あたいは若かった~(^^♪

この景色を赤ずきんの森に何度か作ろうとしたけど、無理でした。

      たいしたお花じゃありませんが、_e0365880_21344750.jpg





      たいしたお花じゃありませんが、_e0365880_21273163.jpg





このクレマチスは植えたこともないのに、庭が出来て14年たって、
去年から咲きはじめました。

それまでは、冬咲きクレマチスがありましたが、
それが消えてこれが出てきたのです。


      たいしたお花じゃありませんが、_e0365880_21275206.jpg





これはタニウツギ

      たいしたお花じゃありませんが、_e0365880_21281159.jpg




これは2年ほど前の画像。


      たいしたお花じゃありませんが、_e0365880_21434721.jpg




      たいしたお花じゃありませんが、_e0365880_21282208.jpg

家の北側の畑です。
雨が降ると、元気になってきました。

左はジャイアントかぼちゃ。
5本じゃ足りないので、今、苗を生育中です。
1本に1個しかならないから。

ハロウィンパーティー用と
民泊で中学生か高校生が来るのでその時使います。

今は草がないですが、
さてうまい具合に共存してくれるでしょうか?



      フランスギク_e0365880_20575867.jpg



<赤ずきんの森>にフランスギクが咲き始めました。

田舎にはこのフランスギクが農家の庭先によく咲いてます。

名前が粋でいいでしょ?



      フランスギク_e0365880_20592656.jpg




このフランスギクの思い出、

小学校の1年生の時、社宅に住んでいました。
隣りのおばちゃんが
「玄関がどうも臭いの。どうしてかしらね?」
と。

結局、下駄箱にそのフランスギクが生けられて、
それが臭いのだということがわかったのでした。

フランスギク、もう65年も昔から見ていたのでした。

私、これはお家の中に生けてはいけないと
その時覚えたのでした。

      フランスギク_e0365880_20582843.jpg


これによく似た、シャスターデージーは大丈夫。
それからさらによく似た、もっときゃしゃなお花、
なんていうのでしたっけ?
もう、最近は名前が出ない、さっき出ていたのに、、

それも大丈夫ですよ。




      フランスギク_e0365880_20581886.jpg




      フランスギク_e0365880_20594639.jpg






タニウツギの<早乙女>
咲きはじめました。

この地方、広島県北の独特のウツギだそうで、
道路沿いにあちこち咲いています。


      フランスギク_e0365880_21005190.jpg



こぼれ種で増えていきます。



      フランスギク_e0365880_21010195.jpg




      フランスギク_e0365880_21012090.jpg





      フランスギク_e0365880_21013312.jpg

      フランスギク_e0365880_21014433.jpg



午前中は、日本庭園の笹を抜く、
庭土を30cm位掘って、重労働。
お尻の筋肉痛が結構ひどくて、
てことは、ちょっとは痩せてくれるのでしょうか?

庭仕事、植えては抜き、植えては抜き、
それを何度くりかえしていることやら、

でもそれが庭仕事なんですよね。


      日本庭園整備_e0365880_21042624.jpg


<ノラの庭>には、日本庭園もあります。



      日本庭園整備_e0365880_21055678.jpg


イメージは、足立美術館です。

ここから1時間ほどで行けます。



      日本庭園整備_e0365880_21052745.jpg





      日本庭園整備_e0365880_21074121.jpg


手水鉢もありますよ。

      日本庭園整備_e0365880_21080864.jpg

オカメザサが増えて、あちこち伸びてエイリアンとなっています。

ほっとけば、庭は荒れ放題となるので、
主人とその笹を引っこ抜いてます。
30cmも掘ってます。

竹でなく、ただの笹なのに余りにえげつなく、

何週間かかかるかしら?
その後四ツ目垣も作り直して、
日本庭園を落ち着かせなくては。






      オダマキなど、、_e0365880_20121930.jpg

白樺林、
チューリップが終わると、オダマキやらが咲きます。




      オダマキなど、、_e0365880_20123885.jpg


全部種まきで育てました。


      オダマキなど、、_e0365880_20125276.jpg





      オダマキなど、、_e0365880_20134442.jpg







この黒、楽しみにしていました。
お花が小さい、小さい、、


      オダマキなど、、_e0365880_20135313.jpg




      オダマキなど、、_e0365880_20140694.jpg




      オダマキなど、、_e0365880_20142227.jpg




      オダマキなど、、_e0365880_20165358.jpg




これはばば色のオダマキです。
あちこち増えて困って??

でも最近は、可愛いと思うようになりました。

      オダマキなど、、_e0365880_20151507.jpg




      オダマキなど、、_e0365880_20170528.jpg




      オダマキなど、、_e0365880_20171622.jpg



白樺林のクリーピングタイムの小道。

ジャイアントギボウシがいいわ~。
秋には株分けしなくては。

      オダマキなど、、_e0365880_20183005.jpg



これは三田のガーデナーが下さった種から、
今年は株が充実してきました。

      オダマキなど、、_e0365880_20185647.jpg




      オダマキなど、、_e0365880_20192523.jpg


この春は、よくお手入れが出来て、、
家に閉じこもるといっても退屈せず、
大きなお庭が、私達夫婦に自然の素晴らしさを与えてくれました。

もう少し落ち着いたら、お庭を皆さんに見ていただかなくちゃと。