明治の洋館


e0365880_23020172.jpg


皆生温泉から鳥取城に。

見事な石垣が何層も、その山の頂上にも城があったようですが、
明治に国が全部撤去して、現在は洋館のこの<仁風閣>が残るのみ。

明治に鳥取藩主池田家が大正天皇の宿舎に建てたもの。

e0365880_23181850.jpg




見事な螺旋階段がありました。
柱は1本も使わずに、気を6枚組み合わせているようです。


e0365880_23030954.jpg





e0365880_23022528.jpg






e0365880_23025831.jpg



二階の一角、柱が見事でしょ。
この向こうにはお手洗いがありましたよ。
まあ今でいえば、座るポータブルトイレが置いてありました。

e0365880_23041222.jpg



サンルーム。



e0365880_23040196.jpg



私はついつい暖炉に目がいってしまいます。
燃やすところはとっても小さな空間。
きっと石炭を燃やしていたのでしょう。
下の引き出しは、灰がたまるところです。

これで暖がとれるのかどうか?


e0365880_23043622.jpg



急な坂道を上がりました。
でも昔の人は、毎日坂道を上がってよく仕事ができたなあと、、

見ごたえのある洋館。
屋根には何個も暖炉の煙突がありました。
こんな感じの煙突、ヨーロッパにもあることでしょうね。


e0365880_23053948.jpg



この度の鳥取城跡見物、何よりも喜んだのが主人。

私がnetで何年も前から見つけていたのですが、
こんなに喜んでくれて
私も誘って良かったと。。

主人は、いえ男の人はひたすらゴルフにいくばかりで、
何が楽しいんかと、、芝生と穴入ればかりで、
それで人生が終わってしまうのは寂しいんじゃないかと。

こうして私がねだって出かけて行ってるから
主人の人生も豊かになるんじゃないかと。

と、思うノラです。


[PR]

by norasgarden | 2018-03-08 23:38 | | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31